12月 29

今年1年を振り返って

人気転職ブログランキングへ



さて、今年も気がつけば残り数日になりました。



もうとっくの昔に仕事納めして、

実家とか海外とか自宅などでのんびりしている方も

多いと思います。




ところで、地球滅亡とか?直下型地震とか?色々言われていた

今年2012年も無事年を越しそうでひと安心ですが、

相変わらず、景気が良い話がいまだに出てきませんね。



こないだの衆院選で消費税増税にスポットが当てられてましたが、

正直言って、僕はあまり興味なかったですね。



消費税が増税されること自体にはもちろん興味はありますが、

それを施行するしない、施行する時期などについては

どうのこうの言って変わる問題でもないですから。


時間と体力の無駄なので、ビジネスのことでも考えてた方が

よっぽど有意義に時間を使えます。




もう行政をあてにするなんてことは

ほとんどの人がしなくなってるとは思いますが、

だから余計に自分がしっかりしておかないとダメですよね?



サラリーマンから遠ざかって早10数年になりますが、

一応曲がりなりにも自営だけで生活できています。



最近、注目されている働き方に「ノマドワーカー」がありますが、

僕はパソコンとネット環境さえあれば、どこででも仕事ができるので、

言ってみれば、僕もそのノマドワーカーの一人ではあります。



このノマドも賛否両論あるようですが、

これって結局突き詰めれば、自分の性格や生き方の問題にまで

言及してくるような気がしますね。



単に組織に雇われる雇われないとか、

決まったオフィスに決まった席があるとか

カフェでも仕事ができるとか


そういった表面上だけのことじゃなくて、

自分が人生をどう生きたいのか、

どんな風にライフプランを立てて生きたいのか

というところまで関わるような

結構、重要な選択だと思います。




ちょっと前に、流行?の日本脱出系の本とか、

これからのワークスタイルについてとか

そんなテーマの本をまとめ読みしたことがあったんですが、

結局どの本にも共通して言ってることがあってですね、



ザックリいうと、これからは

自分の得意分野を持って、それを武器にしないと

生き残れないということでした。



ネットやソーシャルの普及や技術などの進歩によって

誰ででも替えがきくような仕事は

国籍関係なく低コストの労働力などに

いつでも容赦なく取って変わられるということです。



だから、一概に会社勤めがどうとか

ノマドになった方がいいとかはいえませんし、

僕も逆に教えてもらいたいくらいですが、



少なくとも、今までのように

年功序列のような長期的に安定が望めるようなシステムは

とっくの昔に崩壊していて、

組織ではなく各個人が自分自身で生き残れる術を身に着けて、

なるべく1つだけに”縛られない”ような環境に身を置く必要がある



というような、そんな時代に来ていることだけは

認識しておいたほうがいいのかもしれません。





といいつつ、一人気ままにパソコンとネットで生活していて

一般的な社会システムからは少し離れていますので、

一般的な意見は言えないんですが、


でも、やっぱりこれから重要になるワードは


「縛られない」「固定しない」「依存しない」


みたいなことなんじゃないかと体感的に思ったりしています。





ということで、今年1年ありがとうございました。

来年も引き続きよろしくお願い致します!!