8月 27

海外で働きたい地域第1位は東南アジア

人気転職ブログランキングへ



この度、エン・ジャパンが運営する人材紹介サイト『[en]転職コンサルタント』上で、

サイト利用者の3304名を対象に実施した「海外での勤務」についてのアンケート調査の

結果が発表されました。



それによると、「海外で働きたい地域」の第1位は東南アジアで、

第2位は「北米:カナダ」、第3位は「ヨーロッパ」という結果だったそう。


さらに、転職時に海外勤務の可能性がある企業を「積極的に選ぶ」と

回答した人は26%と、3年前に比べ7ポイントアップし、

”海外志向”の転職者が増えていることが明らかになりました。





また、年代別に見ると、

20代では「ヨーロッパ」と回答した人が最も多かったが、

30代以上では「東南アジア」が最多だったんだそうです。




ビジネスで海外というと中国が一番最初に思い浮かびますが、

最近はタイ、ベトナム、インドネシアなどの次世代の発展国も

かなり注目を集めていることが伺えますね。




このように、普通に日本企業に就職して海外勤務になるケース以外にも

最近では、転職先に海外を選ぶ、いわゆる「セカ就」も

徐々に増えてるようです。




仕事じゃなくても、プライベートでタイなどに海外旅行で行く人も多く、

また、雑誌やネット上でも、東南アジアは、都市として発展しているのに

物価が日本の何分の1の水準で、同じ賃金でも豊かに暮らせると人気なのも

今回の調査結果に繋がっているのかもしれないですね。




海外生活というと、極限られた一部のエリートや富裕層の話のようですが、

意外に普通の人が普通に海外で仕事して豊かに暮らしているという事実があります。



今後、もっとこういった情報や事例が知られていけば

海外就職という選択が今より当たり前の時代が来るのも

そう遠くはないでしょう。



そんな将来に備え、

一度、ぶらっと海外へ訪れてみるのも有意義だと思います。


是非。