4月 06

今年の新入社員の特徴は「自動ブレーキ型」

人気転職ブログランキングへ



さて、街中の桜もそろそろ散り始めてますが、

入社式も終わり、既に新社会人として働き始めた人も多いと思います。



この時期になると、何かと話題になる今年の新人のタイプわけ。


新人類などと言われたのはもう大昔でしょうが、

毎年、今年は「~型」でこういうタイプの人が多いらしい、云々。



それはそれで、面白いので単純にそうなのかと思いますが、

では今年の新入社員はどうなんでしょうか?




毎年3月に日本生産性本部から発表される新入社員の特徴では、

今年、平成26年度の新入社員のタイプは「自動ブレーキ型」だそうです。



どういうことかというと、


===============
「知識豊富で敏感。就職活動も手堅く進め、まずまずの内定を得ると、壁にぶつかる前に活動を終了。何事も安全運転の傾向がある。人を傷つけない安心感はあるが、どこか馬力不足との声も。どんな環境でも自在に運転できるようになるには、高感度センサーを活用した開発(指導、育成)が必要」(出典:公益財団法人日本生産性本部)
===============

だそうです。



なるほど。ほぼネットネイティブの彼らは、

わからないことは「ググる」ことが当たり前で、

情報元もTwitter,Fadebook,スマホニュースなど

身近に豊富にあるのは当然でしょう。



それでいて、不況しか知らない世代で、

何事にも失敗しないよう最善の注意を払って行動というのも

なんとなくわかる気がします。


言うなれば、「優等生タイプ」なんでしょうかね?



優等生が良いかどうかは別として、

バイタリティが足りないのはあまりよろしくないかもしれません。



ただ、サラリーマンの場合、

個人の能力云々よりも職場で上司や同僚の間で

いかに上手く立ち振る舞えるかの方が重要だったりするので、



その意味で言えば、40代・50代よりも

「空気を読める」彼らは、優れているのかもしれないですね。



まあ、個人的には、あまりにいつもいつも「空気を読んで」行動することは

結局、自分の成長には役立たないと思っているので、

好きではないですけどね。




ちなみに、昨年平成25年度新入社員の特徴は

「ロボット掃除機型」でした。



ん~、字面があまりよろしくないですね。笑



まあ、何にしろ、あまり会社に依存しすぎるすることなく

がんばって頂きたいと思います。




あ、関係ないですが、とある大手スーパーの入社式のニュース映像で

うん千人もの新入社員全員で、右手を突き上げながら

掛け声を叫んでいる映像をみて、

あらためて、あぁ、独立して本当に良かったと心から思いました。



ま、あくまで個人的な感想ですけど。



ネタ元記事
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20140405-00000544-san-bus_all