退職願い(辞表)の書き方トップ > 独立・起業を決意する前に・・・

独立・起業を決意する前に・・・

会社勤務を離れて、独立・起業を考える人たちが増えてきています。

会社に使われるのが嫌だ、自分のやりたいことで独立したいということですが、独立・起業をする前にはやはり、充分に考えておくことが必要です。経験のある業種や職種を選ぶのか、それとも自分がやりたいことで独立・起業をするのかによって変わってくるからです。

経験してきた業種の場合は、他の企業などとの差別化を図る必要がありますし、新しい分野の場合は調査・研究が必須になってくるからです。


独立・起業をするためには、よく言われることに「人、もの、金」が必要といわれますが、その他に「市場と制度」が不可欠です。「人」とはもちろん経営者及びそれを補完する人間です。

次に「もの」ですが、これは商品や販売するものですが、それを作るための道具も必要です。「金」とは資金のことで、商売をするための運転資金や資産取得などのための資金となります。

次に「市場」は、売りたいと考えている商品の需要や将来性などになります。「制度」は、法律や社会制度、経営方法、取引などの方法を把握しておく必要があります。

独立・起業をして会社設立する前には、充分な計画と予想・調査、いろいろな異なった方向からのシミュレーションなどを充分に行っておく必要があります。

独立・開業・起業のサポート情報の検索・資料請求サイト「アントレnet」