辞表と退職願いの違いは?



「辞表」と「退職願い」の違いは、申し入れる人の職責などによって変わってきます。

辞表とは、「責任ある職を辞する」意味合いを持つので、重役や部長クラス、公務員や議員などが書くものを指します。

退職願いは、「会社を辞めさせて下さい」という依頼・お願いを意味するので、通常会社員や課長クラスでは「退職願い」となるわけです。

「退職願い」では、理由があって会社を辞めたいのが理由ですが、辞職の場合は「職(与えられた責任)を辞退する」ことになるわけです。辞職と退職願いの差は、辞する対象が異なるという意外と大きな違いがあるのです。


トップへ戻る

退職願いの書き方PC版
(C)退職願いの書き方から転職へ
AX