退職理由はどう言えば?



会社を辞める場合の退職理由は色々あるでしょうが、今後のことを考えると、円満に退社することを考えるべきでしょう。

退職願いは、辞職前の最低2週間前に提出すべきですから、しばらくは働きつづけるわけです。ですから円満退社の為の退職理由としては、自分のことを理由にした方がいいでしょう。

例えば「自分の夢の実現のため」とか「実家の事情」などとして、今の会社の労働条件や上司の批判などを理由にすべきではありません。仮に本当であっても感情的対立が避けられないからです。

また、退職の意思は口頭だけではなく「退職願い」として、書面にして直接上司に手渡すべきです。注意点として、辞意の撤回は噂などのことを考えて避けることが重要ですから、慎重に行いましょう。


トップへ戻る

退職願いの書き方PC版
(C)退職願いの書き方から転職へ
AX