退職時のマナー



会社を辞める時のマナーとして大切なのは、いくら不満だらけで退職しようとも、今まで働いてきた会社に対しては、感謝や敬意は忘れずに準備を進めていくということでしょう。

一人の労働者、社会人として、"けじめ"はきちんとつけなくてはなりません。

例えば、辞職したい気持ちを真っ先に社内の友人に明かそうかと思うこともあるかもしれません。

しかし、辞職の意向は、やはり一番に上司へ声をかけることがマナーでしょう。どれだけ親しくしていようが、もし上司が知る前に、辞職の噂が社内に先に流れてしまう事があれば、当事者も上司も、もちろん同僚にとっても後味の悪いものになってしまいます。

あと、辞職のタイミングは、会社の繁忙期や決算期をなるべく避けるというのも、いいマナーのひとつと言えるかもしれません。

退職後の新たな仕事との兼ね合いもありますが、やはりここは最後に給料を貰うところなのだという意識は忘れずきちんと働きたいものです。


トップへ戻る

退職願いの書き方PC版
(C)退職願いの書き方から転職へ
AX