業務の引継ぎ



業務の引継ぎは退職する会社での最後の仕事として重要な作業です。

自分の部署を誰かに引き継ぐ場合、勝手に決めるのではなく、まず上司に相談してから引き継ぎ相手を決めてもらいましょう。自分が携わってきた仕事について、退職後も業務がスムーズに進むようにしておくのは最低限のマナーです。

まず引き継ぎ資料の作成をやらなくてはなりません。自分にしか出来なかったり知らなかったりする業務がある場合は、文書にして残しておきましょう。仮に営業担当者の場合は、顧客情報を整理してデータを残しておくことも必要です。

引き継ぎの重要なポイントは、自分がいなくなっても業務に支障がないようにすることです。

また、自分の顧客を次の担当者に引継ぐ必要がある場合は、メインのお客様の所へは直接出向いて挨拶に行きましょう。今までのお礼をし、後任担当者の紹介と自分の進退を口頭で伝えることが、営業担当者の基本です。


トップへ戻る

退職願いの書き方PC版
(C)退職願いの書き方から転職へ
AX