雇用保険について



「雇用保険」とは雇用保険法に定められた『失業給付』『教育訓練給付』『育児・介護休業給付』『高年齢雇用継続給付』の総称です。

雇用保険は失業したときに基本手当(=失業給付)として支給され、再就職までの生活を保障するものですので、退職したらすぐに手続きをしましょう。

失業給付を受ける為の必須条件
1.失業状態であること・離職の日以前2年間に、雇用保険の被保険者期間(賃金支払基礎日数11日以上の月)が通算12カ月以上あること (「特定受給資格者」の場合は、離職の日以前1年間に、11日以上の月が通算6カ月以上ある場合も可)
2.ハローワークに求職の申し込みをしていること

雇用保険の手続きに必要なもの
・ 離職票
・ 雇用保険被保険者証
・ 縦3センチ×横2.5センチ程度の正面上半身 の写真
・ 本人の氏名、年齢、住所を確認できる書類(住民票や運転免許証など官公庁発行の証明書1通)
・ 印鑑
・ 本人名義の預金通帳

これらを持って、現住所地を管轄するハローワークへ出向き、まずは職業相談窓口で「求職票」を作成します。

求職票には、過去に経験した仕事内容や退職理由、希望する仕事、月収などを記入して提出します。希望する職種に関して職員のアドバイスを受けたら、雇用保険給付課の窓口に行き、持参した書類を提出後、受給資格の確認を受けることになります。

すると後日に説明会が開催されるので、そこで説明される受給方法に従って手続きを進めていけばOKです。


トップへ戻る

退職願いの書き方PC版
(C)退職願いの書き方から転職へ
AX