年金について



在職中は厚生年金に加入し、毎月の給与から半額を会社が負担してくれていましたが、退職後の身の振り方次第では、国民年金への切り替え手続きを行わなければなりません。

例えば、退職後すぐに就職先が決まっている場合は辞職前に会社から年金手帳を受け取り、転職後に新しい会社に提出します。もし再就職するまでに相応の期間がある場合や独立して仕事を行う場合等は、すぐに国民年金に切り替える必要があります。

そもそも国民年金は満20歳以上60歳未満の国民に加入義務があり、厚生年金や共済年金の未加入者は必ず加入しなくてはならないものです。

具体的な手続き方法は、現在居住している市区町村の役所・役場の国民年金窓口へ行き、種別変更届の提出など各種手続を行います。その際は年金手帳や印鑑、離職票・退職証明書など退職日を明らかにする書類を持参する必要があります。後日送付される納入通知書に従って納入することになります。

年金の手続きは自分の将来の生活設計に大きく関わりますので、迅速に間違いなく手続きをやりましょう。


トップへ戻る

退職願いの書き方PC版
(C)退職願いの書き方から転職へ
AX