健康保険について



在職中は会社経由で強制的に加入していた「健康保険」ですが、退職後は次の日から健康保険の被保険者ではなくなってしまいます。退職後一日も空きの日がないように、手抜かりの無い加入手続きをやりましょう。

退職後の健康保険の選択肢は以下の3つです。

1.国民健康保険に加入する
2.任意継続被保険者になる
3.被扶養者になる

1.については、各市区町村が運営していて保険料の決まり方もそれぞれ違います。事前に市区町村の窓口に問合せておくとよいでしょう。

国民健康保険に加入する場合は、退職日の翌日から14日以内に会社から発行される健康保険資格喪失証明書退職証明書離職票のいずれかを持って手続きします。

2.は、退職後の健康保険については、任意継続被保険者(会社勤務時の健康保険を継続すること)になる手続きということです。

しかし、会社を辞めたから誰でもなれるわけではなく、退職の翌日から20日以内(退職日までに2ヶ月以上健康保険に加入していることが条件)に申し出る必要があります。加入していた健康保険組合または居住地の社会保険事務所 へ行って手続きします。

ただし、この「任意継続被保険者制度」は、在職中の健康保険に引続き2年間加入することができるというものです。

3.の被扶養者になるというのは、家族の健康保険の被扶養者になるという意味です。この3.以外の国民健康保険にするか、任意継続被保険者という方法をとるかは、退職・転職に関わる手続きの中でも非常に重要です。

退職後すぐに次の就職先が決まっている場合は手続きは簡単ですが、再就職までに間が空く場合には自分で対応しなければなりませんので、特に注意が必要です。


トップへ戻る

退職願いの書き方PC版
(C)退職願いの書き方から転職へ
AX