税金について



税金(所得税)の手続きについては、在職中は会社側が全てやってくれていました。

社会保険料と通勤交通費(5万円以内)を差し引いた金額を対象に、月々の給与から源泉徴収され、年末調整で過不足を計算し直されていましたし、年末調整も、1年間に支払うべきことが確定した給与の合計額から、給与所得控除後の給与の額を求めて会社が調整してくれていたのです。

しかし退職する場合は自分で手続きをしなければいけません。
もし12月までに再就職できれば新しい会社に、退職時に受取った「源泉徴収票」を提出し、年末調整をしてもらえますが、年内に再就職できなかった場合は、自分で確定申告をする必要が出てきます。

つまり、年末調整も自分で行わなければならなくなるわけです。

さて、具体的な手続きについてですが、「源泉徴収票」については、退職時に受取れない場合はいつ頃受け取れるのかを在職中に確認しておくことが大切です。

年明けからは、いつでも確定申告による所得税の還付を求めることができます。どうすれば良いのか分らない場合は、居住地を管轄する税務署に行って聞けば親切に教えてくれるでしょう。

尚、退職金の支給を受けた場合には「退職所得の受給に関する申告書」を会社に提出すれば、確定申告をする必要はありません。この申告書を提出しない場合は、退職金に対し一律20%の所得税が源泉徴収されますので、退職後「退職所得の源泉徴収票」により自分で確定申告をしないと還付を受けられなくなります。


トップへ戻る

退職願いの書き方PC版
(C)退職願いの書き方から転職へ
AX