退職願い(辞表)の書き方トップ > 退職する前に必ずしておくこと

退職する前に必ずしておくこと

退職する前に必ずしておくおこととして、上司への意志伝達についてのタイミングは、いつ頃にするのか、考えておかなくてはなりません。

当然のことながら、自分が退職した後、自分のポジションや担当している業務等は、いったい誰に引き継ぐのかということも、深く考えておかなくてはならないことです。

誰に、引き継ぐであろうとも、後任者が困る事なく仕事が出来るよう整えておくことが必要なのです。そこのところも自分なりに検討しなくてはなりません。

直ぐにでも、辞表を叩きつけて職場をあとにしてみたいというような衝動にかられても、それは、全く不利な行動です。実際にそのような辞め方をすれば、会社にも、また、関連会社、顧客といったところに多大な迷惑がかかってしまいます。


それらのことを、じゅうぶんに考慮しておくことが、退職前には必要です。

そして、会社を退職後の身の振り方はどうするのかについて、これが、とても重要なことです。

新しい仕事を探しながら、今の会社の仕事の整理をつけていくのか、または、退職後に新たな就職先を探していくのか、選択が必要です。



あと、もし現在クレジットカードを持っていない方は、退職する前にクレジットカードを是非作っておいた方が良いでしょう。というのも、退職して無職になるとクレジットカードの審査をパスするのが格段に難しくなるからです。だから、退職を決意したら、退職2週間前までにクレジットカードの申し込みを済ませ、会社員として容易に取得できるうちに手に入れておきましょう。(詳しくは「退職前にクレジットカードを作ろう」を参照して下さい)



このように、考えてきますと、退職前に、必ずしておくことには時間をかけ、退職までの予定を組む事が第一と言えるでしょう。