退職願い(辞表)の書き方トップ > 会社を辞める時のマナー

会社を辞める時のマナー

会社を辞める時のマナーとして、一番大切なのは、働いてきた会社に対してどんな事情に遭遇していても、感謝や敬意というものを忘れずに、辞職へむけての準備を進めていくことでしょう。

一人の労働者として、"けじめ"は、スマートにつけなくてはなりません。

例えば、社内の友人に、辞職したい気持ちを初めに、明かそうかと思うこともあるかもしれません。
しかし、辞職の意向は、一番には上司へ声をかけることがマナーでしょう。どれだけ親しくしているとはいうものの、良くも悪くも、上司が知る前に、辞職についての噂が先に社内に流れるようなことが起こらないとも限りません。当事者も上司も、もちろん同僚にとってもあまり気分のよいものではないでしょう。


辞職のタイミングについては、会社の繁忙期、また決算期にはなるべく辞めてしまわないというのも、いいマナーのひとつと言えるかもしれません。

辞職後の新たな仕事との兼ね合いもありますが、やはり、ここは最後に給料を貰うところなのだという意識は忘れずキチンと働きたいものです。

職場の同僚には、時期をみはらって、辞職を選んだ自分の気持ちを、素直に伝えることが、マナーとい

えるでしょう。寮や、社宅に住んでいる場合、手続きについても調べておくことが必要です。



【関連コンテンツ】 

⇒ 履歴書・職務経歴書を自動で作成する

⇒ 退職願い(辞職願い)はいつ提出すればいい?

⇒ 正社員の求人検索DODAで正社員の求人を検索する